>  > そこはスレンダーだからこそ

そこはスレンダーだからこそ

この前の風俗嬢は微乳というかスレンダーというか。巨乳風俗嬢好きな人からすれば物足りない胸に思うでしょう。でもスレンダー好きにとっては堪らないボディの持ち主でもあったんですよね。そこで物凄く心を奪われました。スレンダーなボディだからこその引き締まったウエストに細い手足。すべてが最高と言っても良いボディだったんじゃないかなって思うんですよ。それに細い方が燃える自分には彼女はぴったりだったかなって思いました。更には微乳の方が基本的には感度が良いじゃないですか(笑)だから自分にぴったりなことがたくさんあって、最高に楽しむことが出来たかなと思っています。風俗にはいろんな子がいますけど、やっぱりどの子を選ぶのかによって満足感は変わります。彼女を選んだことによって、その日の満足度は相当凄いものになりましたので、自分の趣味を貫くこともまた、とても大切なことなんだなって知れたような気がしましたね。とにかく最高でした。

自分の趣味が見つかったかも

無趣味な自分でしたけど、ようやく趣味と呼べるものに出会えました。それは風俗です。趣味じゃなくてサービスだろうって突っ込みも聞こえてきそうですけど、風俗は趣味と呼ぶに相応しいものだと思うんですよ。女の子と楽しめますけど、どの女の子にするのかはこちらの自由じゃないですか。指名料を払えば自分の思った通りの相手と楽しめるんです。しかも女の子も多いですしね。それが分かったので、風俗ってすべてを楽しもうって思ったらかなり難しいんじゃないですかね(笑)でも、ホームページを見たりしつつ、自分の相手を探すのが楽しいんですよね。何となく選ぶのではなくてどんな女の子なら自分似合うのかという点をよく考えるようになったんですけど、そう考えられるようになったのは自分がそれだけ風俗の世界のことを置く分かってきたからなんじゃないかなとも思いますしね。それに、風俗を楽しむようになってから、生活に張りが出てきたような気もするんですよね。

[ 2016-11-21 ]

カテゴリ: 風俗体験談